アイメイク

ナチュラルなアイメイクの基本

一見ナチュラルなのにしっかりデカ目効果も抑えているメイクの方法ですが、基本的にアイシャドウなどをぼかして使うのが主流です。

 

まず、アイメイクのステップは、アイライナー→アイシャドウ→ビューラー→マスカラの順になります。

 

アイラインの上にアイシャドウを塗ることによってボカされて自然な陰影が出来上がります。

 

逆の場合はラインが強調されすぎてしまうのでオススメ出来ません。

 

ここで、アイラインについてですが出来れば下瞼には引かない方がいいでしょう。

 

どうしても厚化粧というイメージがあるので引く場合もボカすことが大切です。

 

また、目頭から目尻までしっかり引くのではなく目尻部分だけ引くことによって適度な目力とタレ目効果が期待できます。

 

アイラインの種類は、リキッド、ペンシル、ジェル、パウダーなどがありますがペンシルタイプはボカしやすいのでお勧めです。

 

ここで、アイライナーやアイシャドウのカラーの選び方ですがナチュラルに見せたい場合はブラウン系が良いでしょう。

 

アイシャドウのベースについては、べージュなどの瞼に近いカラーをのせますが上瞼のキワには濃いめのブラウンをアイライナーの上にぼかしていきましょう。

 

ちなみに、マスカラの場合はブラウンよりもブラックを選びましょう。

 

ブラックとブラウンでチグハグになりそうですが、どちらもブラウンですと目元がボヤけ過ぎてしまうのでメリハリを出すためにもブラックのマスカラで締めることが大事です。

 

もちろんしっかりと調和してくれます。

 

続いてビューラーですが、まつげの根元からしっかりとカールさせることを意識して下さい。
(上まつげの根元→中央毛先側の順で移動させながらカールを作りましょう。)

 

この時、力は入れすぎずに加減しながら行ないましょう。最後にマスカラですが、根元からしっかりと塗りましょう。

 

厚塗りせずに最初につけた液の残りを使って重ね塗りをすることでダマになることが防げます。

 

加えて、ブラシでとくことによってセパレートしたキレイなまつ毛になります。

 

ここで、どうしてもまつ毛に長さやボリュームを出したい場合は、目頭から目尻まであるものではなく毛束の狭い付けまつ毛を目尻に付けることで、目に幅が出来てナチュラルに瞳が大きく見えます。

 

アイメイクが完了したらアイシャドウなどがボカされているかを確認して完成となります。

 

色がハッキリ入っている場合は、ティッシュや綿棒や指で軽く落として下さい。

 

番外編ですが、アイプチやメザイクなどを行なう場合は、化粧前の乳液や化粧水が付いていない状態の時に行なうことがポイントです。

 

こちらを行なった後は通常よりも丁寧にアイメイクの手順を踏みましょう。

 

ここで、アイプチの場合は完全に一重の方にオススメで、メザイクは奥二重や軽い二重まぶたの方の使用がスムーズにいきます。

 

カラコンを使用したアイメイク

 

まず、カラコンはアイメイク前に装着しましょう。

 

メイク後ですと、手についたパウダーやアイシャドウなどの化粧品がレンズに付着してしまうためです。

 

手を洗っても落ちない場合もあるのでアイメイク前が基本となります。

 

さらに注意点ですが、メイク時はアイライナーやアイシャドウが目に入らないようにすることがポイントです。

 

間違ってカラコンにアイライナーなどが付着してしまった場合、洗浄液などでは十分に除去できない場合があるので注意が必要です。

 

それでは、早速カラコンを使用したナチュラルなアイメイク法ですが、カラコンは裸眼に近い“アイメイク”のカラコンがお勧めとなります。

 

こちらは、フチ部分や全体的な着色料が少なめに着色されていることから黒目に馴染んで白目と黒目の境が自然な仕上がりとなるのです。

 

口コミでも「スッピンにも馴染む!」「ナチュラルメイクに合う♪」などナチュラル志向の方には好評となっているのです。

 

ここで、メイクは通常よりも薄化粧を目指しましょう。

 

一つ目の理由は、マスカラやアイライナーを厚塗りしてしまうとレンズの汚れに繋がる恐れがあることはもちろんのこと、ドライアイの原因になる可能性もあるのです。

 

これは、マスカラやアイライナーによって目の縁にあるマイボーム腺の開口部塞がれてしまうことから涙の表面を覆う油が分泌出来ずに涙が蒸発してしまうところにあります。

 

そのため、ドライアイなど目が乾燥しがちな方はマスカラやアイライナーを控えめにしましょう。

 

尚、水に弱いメイク用品は汗などによって落ちた場合、目に入ってレンズを汚してしまう可能性があるので汗や涙に強いウォータープルーフタイプのものを選んで下さい。

 

続いて二つめの理由は、カラコンによって瞳がサイズアップされているため通常のメイクより薄い場合でも印象が十分に変わるからです。

 

従って、アイシャドウは薄めのベージュでアイホールに塗った後も指でボカしたりアイライナーは細めに引きマスカラも厚塗りを避けましょう。

 

基本的に、カラコンを装着しただけでも裸眼でメイクするのと同じような変化が期待できますから『ちょっと薄化粧かな?』という位でもしっかりイメチェン出来るのです。

 

ここで、アイメイクカラコンのイメージモデルの釈由美子さんもナチュラルメイクのお供として愛用しています。

 

5月12日付けでアップした画像もこちらのカラコンを使用していますが、ほぼスッピンのようなメイクでいながら目力はしっかりあります。

 

そのため、ビューラーをしてマスカラのみといったナチュラルメイクでも手抜き感が全然ありません。

 

アイメイクというネーミング通り、着けただけでもアイメイクがほぼ完成してしまうと言えるのです。

 

また最近では韓流ブームからカラーコンタクトを使ったオルチャンメイクなんかも若い女性の間では流行しています。

更新履歴